公正証書遺言が最も安全であり、確実であると言えます。当事務所では、これをふまえて、公正証書遺言で作成することをおすすめしております。

HOME事務所案内
  • 相続のご相談
  • 遺言のご相談
  • 贈与のご相談
  • 不動産登記のご相談
  • 商業登記のご相談
  • 必要書類一覧について

遺言のご相談

  • HOME
  • 遺言のご相談

遺言のご相談

遺言は、法律に定められた方式に従って作成されなければ無効になってしまいます。
遺言の方式には「普通方式」と「特別方式」の2種類があり、それぞれ書き方や必要な手続きが違います。遺言を誰のために作成しておくのかということを考えると、不備があれば無効になる可能性の高い自筆証書遺言や、内容が不明確になりがちな秘密証書遺言よりも、法律的に確実な書類であり、相続開始後検認手続きをすることなく遺言の執行が可能な、公正証書遺言が最も安全であり、確実であると言えます。当事務所ではこれをふまえて、公正証書遺言で作成することをおすすめしております。

  • この先何か起きても意思を尊重
  • この先、いつ何が起こるかは誰にもわかりません。あらかじめ、遺言を作成しておけば、何が起きても、ご自身の意思を反映することができます。
  • 親族間で争うことがなくなる!
  • 相続について、あらかじめ遺言で決めておけば、将来、親族間で争うことを防ぐことが出来ます。仲が良かった家族が、相続が原因で疎遠に…ということは、事例は非常に多くの方が経験されていますのでご注意下さい。
  • 相続時の手続きがスムーズに
  • 遺言書があれば、その内容に沿って手続きするだけです。遺産分割協議をする必要もないので手続はスムーズになります。また、『遺言執行者』と言う事務管理者を指定することで、手続をすべて任せることもできます。
  • 公正証書遺言では検認手続が不要
  • 自筆証書遺言、秘密証書遺言は被相続人の死亡後、家庭裁判所において検認の手続が必要になりますが、公正証書遺言では検認手続が不要です。当司法書士事務所では、この点からも公正証書遺言をみなさまにおすすめしております。

遺言に関するよくある質問

遺言の保管はどのようにすればいいのですか?
遺言は書面で行います。遺言によって自らの意思を実現するためには、相続人がその遺言書を発見しないと、遺言の効果はありません。
そのため、遺言書は相続人が見つけやすく、しかも隠されたり改竄されたりする心配のない場所に保管しなければなりません。
遺言書には『相続させる』と書いたほうがいいのですか?
「相続させる」は、法定相続人に対して使い、「贈与する」はそれ以外の人に対して用います。「相続させる」と書いておくと、下記のような利点があります。
■登記にかかる費用が安くなる。
■登記手続きの時、揃える書類が少なくて済む。
■手続きが簡単になる。
法定相続人に対しては「相続させる」と書いたほうがいいでしょう。

遺言の種類

自筆証書遺言 秘密証書遺言

  • メリット
  • 簡単で手間をかけずに作成できる。費用が安価で済む。誰にも知られずに作成できるなどがあります。
  • デメリット
  • 民法で方式が厳格に定められており、一つでも違反があると全体が無効になるおそれがあります。紛失した場合、廃棄された場合、遺言の存在を誰も知らなかった場合など、被相続人の意思が反映されないことがあります。
    また、自筆証書、秘密証書では、家庭裁判所において検認の手続が必要です。

公正証書遺言

  • メリット
  • 公証人というプロが関与するたため、法令に違反することがありません。また、原本が公証役場に保管されるため安全です。公正証書遺言では、家庭裁判所における検認手続が不要です。
  • デメリット
  • 費用がかかる。さらに、公証人との打合せが必要なので、多少時間が必要です。
    ※証人が2名以上必要
    ※公証人の出張も可

もしものことがあったときに備えて遺言書を作成しておきましょう。ご自身の気持ちを伝えることができ、家族間のトラブルも防ぐことができます。しかし、遺 言書の様式は厳格で、ひとつ間違えると、法律上、遺言と認められないこともあります。作成方法については、私どもまでご相談ください。

登記費用を節約する3つの提案
  • ご自身で動く 必要書類の一覧
  • ご自身から出向く 当事務所案内
  • ご自身で探す 当事務所の費用一覧
安藤司法書士事務所
  • 〒471-0866
    愛知県豊田市上挙母2-65-3
  • 【TEL】0565-33-4356
  • 【FAX】0565-33-4378